忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/16 09:13 】 |
法定相続人と相続人の違いとは
一般的に相続人の範囲が広く、相続人と呼ばれる中に法定相続人がいるといった感じでしょうか。
法定相続人というのは、法で定められた相続人で、戸籍からそれを特定することができます。
なお、一般的に相続人と言えば、法定相続人のことを指すのですが、中には相続放棄をするという人もでてくるでしょう。
その放棄をする人は、法定相続人であり、相続人でもあるのだけれども、その権限を放棄するだけです。
相続人という立場は変わらずに、その相続の権利を放棄した相続人なのです。
遺産の相続手続きでは、必ずと言っていいほど、法定相続人全員の戸籍の提出しなければならないのが実態です。

相互リンク検索エンジン~AtoZ♪Search~
PR
【2013/08/25 11:27 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<検認とは | ホーム | 戸籍謄本や原戸籍や除籍謄本がそろった次の遺産相続の流れについて>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>